アクセスカウンタ

【別冊】道楽鉄路楽

プロフィール

ブログ名
【別冊】道楽鉄路楽
ブログ紹介
管理人のりょうです。
趣味の自転車ネタを中心に管理人の身の回りで起きたことを綴っていきます。
更新は週一くらいのペースで(^_^)v

よろしければこちら『やんちゃ輪行記』もどうぞ。
zoom RSS

横浜ベイブリッジ

2018/02/17 00:00
画像

構造的に言うと『3径間連続鋼斜張橋』。 橋長は860m。 支間割は200m+460m+200m。 平成元年の竣工当時、日本最長の斜張橋だったが、現在は平成10年に竣工した瀬戸内海の多々羅大橋が主径間だけで890mの圧巻第一位である。 橋長では1480mもある。 斜張橋はケーブルの張り方がデザインのポイント。 H型の主塔から延びるファン形11段2面吊のケーブルが美しい。 堂々たる横浜港の顔であるべきなのだが、設計上の桁下高さが55mしかなく、大型化が進むクルーズ客船を受け入れられない問題が出ている。 最近のクルーズ客船は高さ60m超はざらで、70m超の巨大船も出てきたが、設計当時、せめてパナマックスサイズの高さ制限57.91mはクリアしておくべきだったのではないだろうか。 かく言う新パナマ運河も太平洋口にある第一橋アメリカ橋の桁下高さ制限で57.91mが緩和できずにいるのは、問題の根源を同じにするといえる。 しかし第二橋の桁下は80m、第三橋の桁下は75mをクリアしており、1962年竣工の第一橋の撤去は時間の問題であろう。 ベイブリッジをくぐって大さん橋に接岸できなければ、貧相な貨物ふ頭に受け入れるしかない。 あるいは寄港地として選んでもらえないということにもなる。 港ヨコハマの正門の設計としてはおそまつな限り。 残念なことだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


パクチーまぜ麺

2018/02/11 00:00
画像

パクチーブームと言われて久しい。 S&Bはチューブ入りパクチーまで出しているのだから、ブームを過ぎて定着したということだろうか。 苦手な人に言わせると『カメムシ臭』くて、近くで食べられるのも嫌らしいが。 中国や東南アジアのパクチーは日本のものとはずいぶん違って、良い意味で粗野な香草本来の味がする。 日本で言えば胡椒や七味唐辛子のように、調味料として『どうぞご自由に』と他の香草類と一緒に山盛りで出してくれる店もある。 そういう店ではもちろんどっさり乗せて食べるのがマイスタイル。 夏場、食欲が無い時にパクチー入りの料理を食べると、胃も心も元気になる。 しかし、日本で追加パクチーは決まって有料オプション。 ちょびっと盛りでウン百円もとられてしまう。 調味料の値段として見ればかなりの割高。 東京駅近くの店で出すパクチーどっさりの汁なしフォー。 もやしとパクチーのゴマ油和え、もやパクを追加トッピング(無料)して食べるとなお美味しい。 パクチー好きお気に入りメニューの一つです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


THE TOKYO TOWER

2018/02/10 00:00
画像

雲ひとつ無い蒼空に映える東京タワー。 冷え込みが厳しい2018年冬の某日、赤羽橋交差点からのショットである。 東京スカイツリーに日本一の座を譲ったとはいえ、やはり鉄塔といえばこの形状と色合いがしっくりくる。 ぐっと大地に踏ん張る姿、揺るぎのない力強さを感じてしまう。 新宿の摩天楼を見ても何の感慨もないのに、東京タワーを見ると和んでしまう。 この違いは何だろう。 作家、宮脇俊三さん曰く、『橋は無雑作で武骨なものほど美しい』。 同じ系統かな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Marionette by Orangeparfait -Mummyparfait-

2018/02/04 00:00
画像

昨年の個展で見たオレンジパフェさんの定番キャラ。 マミー。 こちらも個展バージョンは小ぶり。 総糸タイプか鉄芯タイプか、という基本構造の違いや、人型・動物等モデルの違いも大きいが、人形は一体一体手作りなので、同じキャラでも個体差があって、それが良い薬味になる。 飾っておいても楽しめるキャラが好きな人と、純粋に動きを楽しめるキャラが好きな人とに二分される、とは仲間の一人。 そうかも知れないね。 一年くらい前から糸操り人形を始めた新米。 偶然の産物で思いのほか良い表現をすることもあるし、ただ歩く、という基本動作でさえうまくいかなかったりもする。 意のままに操れないことの悩みは尽きないが、難しく考えずに、たくさん遊んでやるのが上手になる近道みたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


シマノSFR鍛造エンド FE-SF21

2018/02/03 00:00
 
画像

おっ、と目をとめて頂いた方。 趣味が合いそうですね。 80年代のシマノSFR鍛造エンド。 型番はFE-SF21。 ストレートドロップアウト。 英語では"Vertical Dropout"。 MADE IN JAPANだ。 ずっと探していたんだよね、実は。 この肉抜き形状が好きなのだ。 当時シマノはこういったパーツまで小売りしていた。 某ショップの片隅に見つけた時には、あたりに誰もいないのに、「これ下さいっ!」て大声出してた。 タッチの差で横取りされたら悲しいからね。 自転車を見る時には、ついついリアエンド周りの形状を見てしまう。 さながら足首フェチか。 あるいはピカピカに磨かれた革靴を見て、「むむっ、おぬし、出来るな」と思う感覚と通じるものがある。 スローサイクリングがコンセプトの相棒にぴったりのキーアイテムなのだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SHIMANO CRANE/CRANE GS

2018/01/28 00:00
 
画像

シマノのクレーン。 レーシングとGSの2態。  GSには肉抜きが丸穴じゃないガイドプレートもあったように記憶しているが曖昧だ。 レーシングは40年近くも前に、貯めていたお年玉やらお小遣いやらをはたいて買ったもの。 WレバーとFDも一緒に買って、友達に自慢した想い出がある。 何せ当時の流行モデルで憧れだったからね。 大層立派な化粧箱に入っていた。 GSのほうは相棒1号を手に入れた後に自転車フリマで見つけて手に入れた。 いいお値段だったな。 付け替えようと思って手に入れたのに、使うのが勿体なくなってそのままになっている。 パンタグラフに刻まれたCRANE GSのエンボスが誇らしい。 今どきの製品なら、ネームプレートをそれぞれ別デザインにしたりしないだろうね。 ギアのキャパシティーと意匠の好みもあって、相棒1号から3号すべてがGSタイプのリアディレイラー。 ツーリング自転車に良く似合う。 それにしても最近は綺麗なシルバーパーツが少なくて困ったものです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


台湾

2018/01/27 00:00
 
画像

去年、2度目の台湾旅行で初めて台湾新幹線に乗った。 正確には台湾高速鉄路、略称で高鉄、と呼ばれている。 見覚えのある形は日本の700系新幹線の改造型で700T。 日本製で、はるばる海を渡ってやってきた。 車窓を流れる景色は日本と似ていて、街から田園、そして街へ。 南国だけに緑が濃いのかな。 台湾は3000メートル級の山を200座近くも有する山岳国。 富士山超も3座ある。 そして自転車国。 距離にして何と1000キロ近く。 島をぐるり一周するサイクリングロードが整備されていて、環島という島一周サイクリングがブームになっているらしい。 一周。 惹かれるね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

【別冊】道楽鉄路楽/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる